ORGANIC GARDENING Q&A

2018-07-18
ダイナミックアキュムレータプランツについて

パーマカルチャーのガーデニング手法の中には、nutrient accumulating speciesを使おうというアイディアがあります。パーマカルチャーでは通常、「ダイナミックアキュムレータプランツ(植物)」と呼んでいます。直訳すれば、栄養素貯蔵植物となります。これは、地中深くから特定の栄養素を吸収してそれを葉や根に貯蔵しておくことができる植物を育て、それを土壌改良やコンポスト、土壌に使うというものです。植物が貯蔵するのは、炭水化物・、マグネシウム,カルシウム、硫黄など、植物種によって変わります。特に葉に貯蔵する植物の場合、これらの植物は秋になると葉を落とし、それが表土を形成します。そして土を栄養で満たしてくれるのです。そして、ガーデン内のエコロジカルなの循環を可能にしてくれます

しかし一方で、ダイナミックアキュムレータプランツというのはノーエビデンス、つまりきちんとした立証がされていないという見方もあります。現実には、特定の植物が栄養素を貯蔵するからと言ってそれが直接土壌を改良してくれているのかどうかは疑わしいというもの。なぜなら、具体的な証拠を見せる研究がなされていないからです。この植物は役に立つだろうというレベルにとどまっているというわけで、科学的に見れば参考にはなりません。これはまだ民間手法レベルにあると言ってもいいのかもしれません。

ただ、長年にわたってオーガニックガーデナーやパーマカルチャー実践者は、ダイナミックアキュムレータプランツの効果を”実感”していますし、ゆえにそれらを有効に、意図的に植えています。私自身も、それが科学的に判明しないとしても、直感的に役に立つと考えるものは積極的に使います。

よりエネルギーレベルでいえば、すべての植物にはそれぞれに役割があり、観察できるレベルではなくても、何らかの意味でガーデンに貢献しているのです。そして、私の考えではまだ科学では未知であっても、知られているよりもっと多くの植物が微量栄養素・必須栄養素を含蓄しそれを土壌に分け与える能力を持っていると考えています。実際、基本的にはすべての植物が栄養素貯蔵能力を持っているので、すべての植物をダイナミックアキュムレータプランツと考えるべきだとするパーマカルチャリストもいます。エネルギーレベルでは、ガーデンのエネルギーを上げるためにも、いろいろな植物の多様な効果が必要になります。

【現在までに、ダイナミックアキュムレータプランツとして認識されているもの】

ヤロウ
カモマイル
フェンネル
ラムズクオーター

チコリー

ダンデライオン
プランテイン

Alfalfa (Medicago sativa): Nitrogen, Iron, Phosphorous.
クズウコンArrowroot: Calcium.
Azolla: Nitrogen (insoluble N stored by symbiotic nitrogen fixing algae)
Bladder Wrack: Iodine, Magnesium, Iron.
Bamboo: Silica.
ボリジBorage: Silica, Potassium.
Bracken, Eastern (Pteridium aquifolium): Potassium Phosphorus, Manganese, Iron, Copper, Cobalt.
Buckwheat (Fagopyrum spp): Phosphorous (one of the best Phosphorus accumulators).
Cabbage: Boron, Calcium, Chromium, Copper, Iron, Nitrogen, Potassium, Sulfur, Zinc.
Cannabis: Potassium, Silica (one of the best Potassium accumulators).
Carrots (Dauca carota): Magnesium and Potassium.
Cattail (Typha): Nitrogen.
Chickweed (Stellaria): Potassium, Phosphorous, Manganese.
Cleavers (Gallium spp.): Sodium, Calcium, Zinc.
Clovers: Nitrogen, Phosphorous (one of the best Nitrogen accumulators), Calcium.
Comfrey: Silica, Nitrogen, Magnesium, Calcium, Potassium, Iron, Manganese.
Corn: Potassium.
Cornflower: Phosphorus (one of the best Phosphorus accumulators).
Dandelion: Sodium, Silica, Magnesium, Calcium, Potassium, Phosphorous, Iron, Copper, Boron.
Dock (Rumex crispus, Sorrel, R. acetosa): Calcium, Potassium, Phosphorous.
Grasses (all): Nitrogen, Silica.
Horsetail (Equisetum spp.): Silica.
Lamb’s Quarters (Chenopodium alba, gigantium, Epazote, C. ambrosioides): Nitrogen, Calcium, Potassium, Phosphorous, Manganese.
Lemon balm: Phosphorus
Legumes (all): Nitrogen.
Marigold (Tagetes spp.): Phosphorous.
Milkweed: Nitrogen, Potassium.
Mullein: Sulfur, Magnesium, Potassium, Iron.
Mustard (Juncea spp.): Calcium , Nitrogen, Iron (can be used as a cover crop to buffer acid soils if calcuim is present, or to chelate Ca in same…Cole plants in general are high in Ca and P).
Oats (Avena sativa): Nitrogen; oats produce more growth in late fall/early winter than in spring (unlike ryegrass and wheat, which produce more in spring — 55-65% of season total in fall for oats, as opposed to 38% for “Elbon” rye and about the same for wheat). Oats are not as winter-hardy as “Elbon” rye, nor do they yield as much over the season, but the above varieties will yield more dry matter during the fall season.
Okra: Potassium.
Parsley: Magnesium, Calcium, Potassium, Iron.
Pennycress: Zinc.
Plantain, Common: Silica, Sulfur, Calcium, Potassium, Iron, Copper.
Pumpkin: Potassium.
Purslane: Manganese, Zinc, Copper, Iron.
Ryegrass: Nitrogen (ryegrass produces the most “forage” [read “green matter”] of the conventional winter cover crops).
Sorghum: Potassium.
Squash: Potassium.
Stinging Nettle: Boron, Calcium, Copper, Iron, Magnesium, Manganese, Nitrogen,
Phosphorus, Potassium, Silica, Sulfur, Zinc.
Sugarcane: Potassium.
Sunflower: Phosphorus.
Two-Grooved Milk Vetch: Selenium.
Valerian: Phosphorus (one of the best Phosphorus accumulators).
Vetch: Nitrogen, Boron.
Water Hyacinth: Copper.
Watercress: Phosphorus, Calcium.
White Oak (Bark): Calcium.

*Amaranthus Retroflexus
Bee Balm (Monarda spp.) (p)
*Borage
Birdsfoot Trefoil (Lotus corniculatus) (p)
*Chickweed (Stellaria media) (p)
*Chicory (forage feast)
*Cleavers (Galium aparine)
*Cup Plant (Silphium perfoliatum) (p)
*Garden Cress
*Corn Salad
*Dandelion (Taraxacum officinale var sativa) (p)
*Lamb’s Quarters
*Meadowsweet (Filipendula ulmaria) (p)
*Miner’s Lettuce
*stinging nettle (p)
*Plantago major (p)
*Salad Burnet (p)
Hairy Vetch
*Yarrow (p)

 

どの植物がどの栄養素を吸収するのかは種によって違います
Within the world of Permaculture we often find reference to plants known as Dynamic Accumulators. In brief, this is the idea that certain plants (often deep-rooted ones) will draw up nutrients from the lower layers of the soil, and these nutrients will be stored in the plants’ leaves. When the leaves fall in autumn and winter and are broken down, those stored nutrients are then incorporated into the upper layers of the soil where other plants will benefit from their deposition.
パーマカルチャーの世界では、ダイナミックアキュムレータと呼ばれる植物がしばしば出されます。ある特定の植物(ほとんどが根の深いもの)土壌の表層から栄養分を吸収し、その栄養分は植物の葉に貯蔵されます。秋になって葉が落ち、冬になって土の上で分解すると、貯蔵されていた栄養分はまた土の上層部に還り、それらを吸収して植物は豊かになります。

As a physician, I strive for scientific accuracy. I understand the scientific method and the world of academia. I know, beyond doubt, the benefit this arena has provided for the world. However, I also know, beyond doubt, that there is a lot of truth that has not been proven in a lab. This may be due to many factors. To name but a few: the topic has not yet been studied, there are flaws in the design of the study, or the topic is too complex for reductionist evaluation.

物理学者として私はそのことを科学的に明確にしようと努力してきました。疑いなく、これが本当なら世界的に意味のあることです。そして、多くのことがいまだに研究所内で証明されていないのです。これには多くの要因があるからです。私たちは科学的証拠を見つけ出そうとしましたが、残念なことに大した結果は見当たりませんでした。ほとんどの人がダイナミックアキュムレータ植物について研究もしていませんでした。正直なところ一つもそれらに関する研究論文等を見つけることはありませんでした。多くのサイトがこれについて書いていますが、ただ参考として載っているだけで根拠ある実証とは無縁です。

We will start with the scientific evidence… Unfortunately, there is not much. In fact, I can find almost no research into dynamic accumulators. Strike that. I can find NO research into this concept at all. None. Many sources site references, but these references just don’t pan out. There are circular references, there are references to non-existing sources, and there are references to (just being honest) less than reputable books or authors. My lack of results was a bit disappointing.

 

Well then, how did this concept of dynamic accumulators get started? Where did it originate?

だとしたらなぜ、このダイナミックアキュムレータプランツというコンセプトは生まれたのでしょうか?
何処から来た考えなのでしょうか?

Robert Kourikというオーガニックガーデナーが、「ダイナミックアキュムレータ」という命名をしたようです。1986年に彼は Designing and Maintaining Your Edible Landscapetという文献において、こうしたダイナミックアキュムレータプランツのリストを作って載せています。ここには雑草からハーブまでの情報が載っていて、他のファーマー達からの情報も交えています。

Weeds: Guardians of the Soil (Joseph Cocannouer), Practical Organic Gardening (Ben Easey), Stalking the Healthful Herbs (Euell Gibbons), Weeds as Indicators of Soil Conditions (Stuart Hill and Jennifer Ramsay), Weeds and What They Tell (Ehrenfried Pfeiffer), and The Organic Method Primer (Bargyla & Gylver Rateaver).

これら植物リストは、コンポストにどの植物を混ぜ込むといいかという信頼たる情報でした。彼はこの本の中でこの情報を書いたことを後悔しているようです。彼は、これらのリストが、正式なものではなくまた裏付けに乏しいと気づいたからです。しかし現実は遅きに失していました。すでに多くのガーデン本作家たちがこれを参考にし、この情報を載せるようになっていました。あるガーデナーたちはこれにより多くの”裏付けのない”リストを加えたりもしていました。私はまた、実際に本を書いたガーデナーとも交流しましたが、彼らはダイナミックアキュムレータ植物のリストは必要のない、役に立たないものだといっていました。

こうしたことを踏まえて、私たちは一体、ダイナミックアキュムレータ植物についてどのように考えればいいのでしょうか?私たちは確かに、幾つかの植物がその細胞内に高い濃度でミネラルを貯蔵できることを知っています。s植物学の世界ではこれを“phytoaccumulation” もしくは “hyperaccumulation”と呼び、これは本当に良く研究されています。これらの植物は特定のミネラルを高濃度で自らに貯蔵しながら土壌中で成長するのです。この作用を利用して、各所で金属製の土壌汚染があるところにおいては、金属成分を吸収してくれる植物を植えて土壌を浄化するということが行われています。特定の成分を土壌から押し出してくれる植物というものがあるのです。((phytoextract)。植物は他の植物から出てきたミネラルを取り入れてはそれを自分の成長と成長プロセスに役立てています。そして自らを植物の成長サイクル、エコロジカルな成長リサイクルに役立てているのです。この“phyomining” の特徴は(人間によって)特に重要な汚染地域ではうまく利用され成功を収めています。

 

In addition, there has been an extensive database put together by botanist James “Jim” A. Duke Ph.D. which provides information on thousands of plants. Specifically, and for our purposes, the database provides information on the concentration of minerals found in the tissues of plants. His Phytochemical and Ethnobotanical Database is hosted on the USDA ARS site (United States Department of Agriculture, Agriculture Research Service). This is a wealth of information that would take a long, long time to fully peruse and appreciate. Using the information from Dr. Duke’s database, a free, downloadable Nutrient Content Spreadsheet was created. I am not sure who created it, but I found it on Build-A-Soil.com. This is well organized spreadsheet with multiple worksheets (pages).
加えて、植物学者によってまとめられた広範囲にわたる植物データがあります。これは有名なによって書かれ、何千もの植物に渡ります。特に私たちにとって注目すべきなのは、植物の細胞内に特に多く蓄積されているミネラルについてのデータです。彼の Phytochemical and Ethnobotanical Databaseはアメリカ政府の農業研究所においても紹介されています。これは価値ある研究であり、誰でも利用できる情報です。そしてまた、長い長い間、多くの人に利用され感謝されてきた研究でもあります。

With this information, can we connect the dots for dynamic accumulators?

For instance, according to Dr. Duke’s database, we can see the phosphorus (P) concentration in Lambsquarter (Chenopodium album) is over 36,000 ppm (parts per million). This is a high concentration. Therefore, it would make sense to grow Lambsquarter on our site. We would let the Lambsquarter die back in the winter and compost in place. By spring, we should have higher concentrations of phosphorus (P) in our soil. Right?

Unfortunately, while this scenario sounds good, we have no proof that it will work. Our logical pathway sounds plausibleもっともらしい, but the reality is that nature is never quite as simple as we would like. First, minerals don’t appear out of nowhere (alchemy is still not science!); if the soil or subsoil has no phosphorus to begin with, then the Lambsquarter cannot accumulate it. Second, if the soil has no biology (i.e. Dr. Elaine Ingham’s Soil Food Web), then there is a good chance the phosphorus may not be bioavailable to the roots. Third, while our scenario sounds good, we have no scientific proof (research data) that if the Lamsquarter did accumulate phosphorus it would indeed be returned to the soil in a usable form to future plants. Maybe it will, but would it take six months, one year, five years, or twenty-five years to become available again? This is information that we just do not have.

In addition, we cannot use anecdotal価値のないreports about dynamic accumulators. People will often site their own garden as “proof”. Unfortunately, this anecdotal information is not scientific evidence. I am not saying that their soils did not improve with the planting of dynamic accumulators, but was it the dynamic accumulation or another factor that caused the improvements? Was it mulching, composting in place, biomass accumulation, biodiversity, microclimate creation/enhancement, etc.?

As a good friend of mine likes to say, “The plural of anecdote is not data.” But, to be my own devil’s advocate, it is the repeated anecdotal report that often leads to scientific research which eventually “proves” a long-held concept to be true. For example, almost a year ago on this site Ben Stallings shared his experience using comfrey to improve his soil. This article is a great example of single data point that should spur 拍車more research.

Unfortunately, high-quality research is both time and money intensive.

 

What then should we do with the concept of dynamic accumulators?

Take the information for what it is, soft data. We can make some logical assumptions, i.e. “guesses”, and hope for the best. But we should not treat or teach the concept, the theory, of dynamic accumulators as scientifically proven information. We should not treat it as fact. We should definitely not rely solely on dynamic accumulation as our single solution for degraded soils. Of course, if we are appropriately applying and practicing Permaculture, we wouldn’t do this anyway.

Personally, I will continue to use dynamic accumulators in a holistic approach to soil improvement. It may help our soils for our intended purposes in exactly the way that we think, or it may help for entirely another reason. If it works, I don’t really need to know why. Having more diversity on our sites will almost always be of benefit… scientifically proven or not.

John also has his own blog site, Temperate Climate Permaculture, please visit John here for this and other articles.

 Some of these species are additionally edible, and very healthy to boot!

*Amaranthus Retroflexus
Bee Balm (Monarda spp.) (p)
*Borage
Birdsfoot Trefoil (Lotus corniculatus) (p)
*Chickweed (Stellaria media) (p)
*Chicory (forage feast)
*Cleavers (Galium aparine)
*Cup Plant (Silphium perfoliatum) (p)
*Garden Cress
*Corn Salad
*Dandelion (Taraxacum officinale var sativa) (p)
*Lamb’s Quarters
*Meadowsweet (Filipendula ulmaria) (p)
*Miner’s Lettuce
*stinging nettle (p)
*Plantago major (p)
*Salad Burnet (p)
Hairy Vetch
*Yarrow (p)

 

 

2018-06-15
ジョフィエルの庭vol3

 

2017-10-26
flow

Yes spring water will work, but if you want to circulate the water you’ll need a basin with a pump in it. A small waterfall pump will work
You can set it up to potentize the preps and spray it on the farm in a closed loop system
You can siphon water from the source into this form if you have water higher than the form. Fill up a hose with a funnel while holding one end closed. When it is full, put one end under the water and lower the other end onto the form. You can install a valve on one end of the hose to open and close the water.
How long does a flow form need to be to energize/clean/destagnate the water?
3 or more sections.

oshiete.denicho@gmail.com

 

2017-07-17
バイオダイナミックの夏と冬

アメリカのバイオダイナミックファームのスチュワートさんが
面白いことを教えてくれました
バイオダイナミックって、例えばこんな考え方をします
その1例です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝、朝露は大地の上で蒸発します
昼になると、露は大地の上に定着します
夜は、日ごとの「冬」に値し、昼間は、日ごと「夏」に値します
冬は1年のうちの「夜」に相当し、夏は「昼間」に相当します

1日の間に昼間がやってくると、あるいは1年の間に夏がやってくると、
水は地球の中でうごめき、これが大地を冷やします
この時間帯あるいは時期は、作物を耕作すること・コンポストを補充すること・
バイオダイナミックスプレーをかけるのに適します
肺のように、夏の間は地球は水をはきだしますが、
これは水の流れや葉の成長として顕現してきます
冬の間は、地球は水を吸い込み、これは雪や落ち葉として顕現します

もしあなたのガーデンがとても乾燥していたら、昼間の間に土を耕すと、
露が根の部分の奥深くに浸透することを助けます
逆に朝に作物・植物の周りを耕すと、湿った土地をドライにするのに役立ちます

by  Stewart Lundy

Perennial Roots Farm
www.perennialroots.com

 

2017-06-28
バイオダイナミック農法とパーマカルチャー

How different Biodynamic and Permaculture?

世界には古今東西様々なオーガニックガーデニングの手法がありますが、

私がオーガニックガーデニングとして用いているスキルは、
主にバイオダイナミック農法からインスピレーションを得ています

バイオダイナミック農法は、日本ではそんなに盛んではありませんが
特にワインの生産現場では世界で採用されている農法です

バイオダイナミック農法は、ルドルフ・シュタイナーが最初に提唱し、その後マリア・トゥーン
などのリーダー的存在によってより現代的にアレンジされてきました。今でも、シュタイナーの理論をもとに
様々な研究と考証と実験と考察が行われているところです

バイオダイナミック農法には、非常に緻密でかつユニークな実践スキルが多いために、
それをすべて着実かつ確実に実現するのは難しいです

特に都市部に住んでいる場合、ベランダしかない場合、大量生産したい場合など、また
周りに方法論を教えてくれる人がいない場合などには、とくにとっかかりにくい農法です

また、基本的にバイオダイナミック農法を完全に実践しようとすれば、
農場の中ですべてが循環するようにデザイン設計する必要があります
外から持ち込まず、そこにあるものでまかない、
農場が運営できるようにする必要があります
そのために、動物の力(家畜という言葉は好きではないので…)を借りる必要も出てきます
これは、オーガニックガーデニングやファーミングのすべてに言えることではあるのですが、
バイオダイナミックでは、それを実践するのに、とかくバイオダイナミックがバイオダイナミックたるものであるために、準備するものが多いのがバイオダイナミック農法の特徴です

それでも、私は私がバイオダイナミック農法を学んだカナダの農場のジョージの言葉にとても影響されています
「バイオダイナミック農法は、その理論すべてを取り入れなくてもいいんだ。出来ることから、出来るものだけ、
そのアイディアを取り入れればいい。そうすれば、どんなところでも実践できる」と彼から言われて、私は自分なりのバイオダイナミック農法を始めることに自信が持てました

そこで今でも、バイオダイナミック農法の実践理論のすべてを取り入れたガーデニングではなく、
出来る範囲で、出来るものを取り入れる、というスタイルでやっています

パーマカルチャーについても、それは同じです
もともとパーマカルチャーは、バイオダイナミック農法とは違って、もっと広範囲にわたる
私たちの生き方そのもののデザインであり、基本的なデザイン手法やポリシーはありますが、
「こうしなければならない」という規則が厳密にあるわけではありません

それは哲学的なもので、生き方の思想のようなものです
なので、誰にとってもその人なりのパーマカルチャーがあります

私の場合は、多くのpermiesが実践しているアイディアを頂戴しながら、それを真似ながらも、
自分なりにこうかなああかな、と思いながら自分なりのパーマカルチャーを実践しています

例えばパーマカルチャーデザインの手法の一つにスパイラルガーデンがありますが、これを習った通りに
創ろうとする人もいますけれど、私は場所場所によって、スパイラルガーデンのデザインは違って自然だと思っていますし、よくあるパーマカルチャー本に載っているのとはまったく違ったスタイルのガーデンになったりします

パーマカルチャーは自由です
バイオダイナミック農法は、規則的で、やることリストが多く、
決められたルールや原型のようなものがあります
なので、バイオダイナミック農法よりも実践者は多いと思います

また、どちらにもスピリチュアルなものの考え方があります
ここで言うスピリチュアルとは、私たちがただ物質として、物質を食べ地球という物質に生きている、という考えではなく、私たちはスピリットとしてこの惑星・植物・動物・すべての生命・生命のメカニズム・宇宙と繋がり、すべてはつながって一つであり、その中で農業やガーデニングを実践していく、という考えが基本のところにあります。なのでこの2つを実践する人は皆、見える範囲を超えもっと深いレベルで自然と結びついているのです。

以下は、バイオダイナミック農法とパーマカルチャーの違いを書いた
Rodaleのオーガニックガーデニング辞典の文章を訳したものです

◇Biodynamic agriculture~バイオダイナミック農法とは
バイオダイナミック農法的な考え方は、生命に対するスピリチュアルな気づきを与えてくれるものです。
それは科学的な土台を持ちながらも、そこから宇宙、そして私たちが知覚できるものを超えた領域まで意識を拡大したもので、ホリスティックな世界観を持っています。例えば、純粋に化学的な分析だけでなく、惑星のリズムの植物や動物への影響なども観察します。バイオダイナミック農法では活性化されたコンポストや肥料を用い土を介して植物の力を復元することもします。これこそバイオダイナミック農法の主要なねらいであり、他のオーガニック手法とは明らかな違いを生み出しているのです。このような土地から収穫された作物は、ただ物質として取り上げられるだけでなく、エネルギーとバイタリティーを持った価値ある食物として収穫されます。バイオダイナミック農法のガーデナーは、そのために土・植物・コンポスト・肥料に対し特別な作業を行います。

◇Permaculture~パーマカルチャーとは
パーマカルチャーは、グローバルであれローカルであれ、私たちが直面する多くの問題に解決をもたらそうとするエコロジカルデザインシステムです。パーマカルチャーでは、どのように食物を育てるか、家を建てるか、環境への負担の少ないコミュニティを創るのかに取り組みます。そしてそれは私たちを豊かにし、自己への信頼さえ深めます。資源をいかに使うべきかを慎重に考えることによって、ものをより少なく利用することで多くを得ることを可能にします。私たちは今そして未来において、より少ない労力で、生産性をあげつつより多くの利益を得ることができるのです。家庭で、ガーデンで、コミュニティで、ビジネスの中で、エコロジカルなデザインと持続可能な生き方を実践する、それこそ、パーマカルチャーの核となるものでしょう。

from Rodale’s illustrated encyclopedia of organic gardeningより