バイオダイナミックの夏と冬

アメリカのバイオダイナミックファームのスチュワートさんが
面白いことを教えてくれました
バイオダイナミックって、例えばこんな考え方をします
その1例です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝、朝露は大地の上で蒸発します
昼になると、露は大地の上に定着します
夜は、日ごとの「冬」に値し、昼間は、日ごと「夏」に値します
冬は1年のうちの「夜」に相当し、夏は「昼間」に相当します

1日の間に昼間がやってくると、あるいは1年の間に夏がやってくると、
水は地球の中でうごめき、これが大地を冷やします
この時間帯あるいは時期は、作物を耕作すること・コンポストを補充すること・
バイオダイナミックスプレーをかけるのに適します
肺のように、夏の間は地球は水をはきだしますが、
これは水の流れや葉の成長として顕現してきます
冬の間は、地球は水を吸い込み、これは雪や落ち葉として顕現します

もしあなたのガーデンがとても乾燥していたら、昼間の間に土を耕すと、
露が根の部分の奥深くに浸透することを助けます
逆に朝に作物・植物の周りを耕すと、湿った土地をドライにするのに役立ちます

by  Stewart Lundy

Perennial Roots Farm
www.perennialroots.com